飲むミノキシジルの効果、安全性は?

薬を飲もうとしている人
ミノキシジルは発毛に大きな効果を発揮すると言われています。
特に経口服用ミノキシジルは効き目がすごいんだとか…。

以前は高血圧に用いられていたミノキシジルですが、服用患者に発毛効果が見られたため、発毛剤として開発されたのです。

ミノキシジルがハゲに有効なワケと安全性について紹介します。

ミノキシジルタブレットの効果

ミノキシジルが薄毛に効く理由は、大きな2つの働きのお陰です。

・血流改善で頭皮に栄養を届ける
・発毛シグナルを出して毛母細胞を活発にする

頭皮の血流と毛母細胞は、髪の成長を左右する大きなポイントです。血行が悪ければ十分な栄養が髪まで届きませんし、毛母細胞が滅んでしまえば髪は生えてきません。
ミノキシジルは頭皮の血流を良くし、毛母細胞の死滅を防いで活性化するため、育毛に高い効果があるのです。

塗るタイプのミノキシジルもありますが、飲むミノキシジルタブレットは身体の中から有効成分が作用してより高い効果を得られます。

内服薬は副作用が出やすい

ミノキシジルは血管を拡げる働きがあるため、脈が速くなる頻脈や脈のリズムが乱れる不整脈といった副作用が起こりやすいです。
ミノキシジルタブレットは5mgか10mgで販売されていますが、1mgでも効果が得られると言われています。錠剤を分割して飲むなどして、1日に多量摂取しないようにしましょう。

髪の様子を見ながら、毛が増えてきたら薬の量を減らしていくことで最終的には薬を止めることもできます。

ミノキシジルはたくさん飲んだからといって効果が現れるわけではありません。副作用もあるため、服用量には気を付けて使用しましょう。