髪を触りながら鏡を見る人
「最近抜け毛が増えてきた気がする…これってAGAの始まり?」と思っていませんか?
日本人男性の3~4人に1人がAGAの症状で悩んでいると言われています。

多くの男性が悩みを抱えるAGAについて、髪が抜ける理由を解説します。

大切な髪が減ってしまう原因を知って、抜け毛にストップをかけましょう!

髪が抜けてしまう理由は?

AGAは男性型脱毛症と言って、薄毛の悩みを持つ男性の約9割がAGAだと言われています。

AGAの原因は、悪玉男性ホルモンであるDHT(ジヒドロテストロン)です。DHTは、成長中の毛に「もう役目は終わったよ」と告げ、勘違いさせるのです。

DHTによって髪の成長が止まってしまうので、髪の生えかわり周期が通常より早まってしまうのがAGA。正常な髪の毛は、だいたい2~6年かけて成長して、新しい髪の毛に生え変わります。
AGAの場合、毛の成長期間が1年未満で抜けてしまうため、成長しないまま、抜けるスピードが早まってしまうのです。

AGA初期の段階では、自分がAGAだとは気付きにくいかもしれません。
初期症状には、抜け毛が増える、髪にハリ・コシが無くなる、毛が柔らかくなるなどがあります。
1日に50~100本抜けるのは問題ありません。
抜け毛の量が通常の2~3倍になると、薄毛は進行していくので注意が必要です。

抜け毛は止められる!

薬の服用で抜け毛を止めることはできます!
薄毛治療薬であるプロペシアは、髪が抜ける原因である男性ホルモンDHTの発生を抑制します。DHTが減少すれば髪が正しい周期を取り戻し、抜け毛を止められるのです。

AGAは早めの段階で対処をすれば、進行を止めてフサフサな髪を取り戻せます。
抜け毛の増加、ハリ・コシの欠如には、普段から気にかけておきましょう!